出産入院

新田クリニック入院記:産後0日目③(ランチ〜長い1日が終了)

投稿日:

12時過ぎ、部屋に戻って貪るようにランチ。

1月13日のランチ。野菜チャンプルー、もずく、エビフライ三本といんげんてんぷら、もずくてんぷら、ごはん、ゆしどうふ。

f:id:okawarichang:20170113123631j:plain

部屋に戻り、お勤めを終えたご主人サマーを見送ってお昼ごはん。一瞬、「エビフライだー!」とテンション上がったけれど、半日かけて出産した身には、油物はキツかった。反対に、汁物のゆしどうふが体に優しい。フワフワうまーい。りんごのシャキシャキ感とジューシーさも今のあたしにぴったりでした。

この時のゆしどうふがほんとに美味しかったので、調理場の方にお豆腐屋さんを教えてもらいました。上間にある嘉数食品のお豆腐です。でも一般販売してるかはわからないとのこと。業者向けなんだろうか...

出産報告しつつ、寝落ちするも・・・

ランチを食べ、空腹を満たしたあとは、夕方の内診まで仮眠をとりました。入眠するまでの間、お産の間に連絡をくれていた友人たちへ出産報告。

そして両親にも報告。すると「性別は?!あんた、なんで性別書かないの!」とテンションアゲアゲのおかんから、怒りとも喜びともつかない入電がありました。サイトー家は3人姉妹。孫に一人くらい男がいたら嬉しがるもんなのでしょうかねー。

ご主人サマーのお義母様にも連絡を差し上げた後、すーっと寝落ち... と思いきや、何度もハッと目が覚めました。寝た瞬間、陣痛の痛みがくる!と思って目が覚めちゃうんです、実際は痛くないのに。半日近く、陣痛→寝落ち→陣痛・・・のループだったので、体に染み付いてしまったようです。短期間で恐怖体験した時のトラウマな感じかな。

16時半頃、館内放送で内診のお呼び出し。

陣痛のトラウマを経てやっと寝入ったあてくし。部屋の掃除があったような気がするけれど、眠気で起き上がれず。意識朦朧で「ありがとうごz... スヤァ」くらいのお礼しか言えませんでした。その後、2〜3時間眠れたようで、16時半頃の館内放送で内診室へ出向くよう指示を受けた時にはシャキッと対応できました。

1階の内診室へ移動すると、カーテン越しに先生が「寝れた?」と声をかけてくれました。2〜3時間眠れたとを告げると、「いいなぁ。僕は1時間くらい。午前中はなんとかなったけど午後は仕事にならないよ」とのこと。確かに、昨日の夜はいろんなことがあって、ドタバタしていたから先生はほぼ眠れてないんでしょうね。産婦人科の開業医は、24時間体制のとても大変なお仕事です。

内診でガーゼを抜いてもらい、出血を確認。目眩や体調の悪さもなく、問題なさそうだということでシャワーの許可をいただきました。陣痛中のじっとり汗でクッサーだったから、めちゃくちゃ嬉しいです。

会陰切開の傷が痛まないか確認されたので「トイレで痛くなくてびっくり!」と伝えました。先生は「切ったとわからないくらい綺麗に縫ったからね」と自信満々です。きっと縫合がお得意なのでしょう。トイレも平気、動くのも痛くない。でも普通の椅子やソファーに座るのは、圧がかかって傷が痛みます。当面の間、我慢だな。

内診の後、授乳室へ。

内診後、授乳室へ立ち寄るよう言われていたので、そのままの格好で向かいました。すると手を洗うよう言われ、生まれて6時間ほどのピコ太郎を抱っこ。看護師さんに「おっぱいあげてみようかー」と言われるまま、見よう見まねであげてみる。ごめんよ、カーチャン、体ベタベタでクッサーだよ、きっとしょっぱかろうね... 授乳室ではオムツ替えと体重測定、授乳に糖水など、新しいことが一度にやってきて、頭ポッカーンでした。

母乳を与えると、子宮回復を進ませるホルモンが分泌されるそうです。実際、母乳をあげていると、悪露がジョロジョロ出てきたんですよ。母乳なんてそんなに出てないだろうし、ピコ太郎もまだ飲み方がそんなに上手じゃないのに、しっかり子宮収縮の感覚もあって。不思議だなぁ。人間の体ってうまくできてるなぁ。面白いなぁ。

そうそう。授乳室の産褥椅子がC字型になっていて、会陰切開した人にも優しかったのが印象的でした。これ、ほんっと便利!座っても痛くないんです。

f:id:okawarichang:20170116134319j:plain

産後、初のシャワーに入る。

個室のシャワーですが、熱いお湯がしっかり出て、湯量も問題なし。十分満足できます。シャワーフックの位置が低くて少し気になったけど、手で持てばいいだけのことですからねー。お風呂のあと、ご主人サマーが買ってきてくれたドライヤーで頭を乾かしました。ありがとう。

会陰切開の傷対策。

体調的に起き上がったままでも平気そうなので、出産報告の記事を書き始めます。この時、座り方を工夫をしました。緩んだ骨盤に影響が出ず、なおかつ傷が痛まない座り方を模索した結果、ベッドに正座がベストとわかりました。でも足が痺れちゃうんですよね。そこで授乳室の椅子をヒントに、掛け布団を丸めてUの字にした上から座ってみることに。これ、傷が痛まない!

f:id:okawarichang:20170113183716j:plain

この後の回診で、このU字型掛け布団が看護師さんの目に止まり、病院のドーナツ型クッションを貸してもらえることになりました。ありがたやー!

18時過ぎ、夜ごはん。

1/13の夜ごはん。三枚肉と野菜などの煮付け、お刺身二種、ほうれん草とシーチキンの和え物、べったら漬け、ごはん、あさりの味噌汁。

f:id:okawarichang:20170113182916j:plain

お刺身です!妊娠中、あまり食べないようにしていたマグロも好きなだけ食べられます。煮付けも昆布の旨味がしみててウマい。三枚肉の甘い味付けも家庭的でホッとします。味噌汁のあさりがたっぷり入ってるのも嬉しい!あれこれ気にせず、食事を自由に楽しめる喜び。これ以上の幸せはないな、と思いながら完食です。

20時半、新生児室へ行ってみる。

夕食の後、やることがないので新生児室を見学に。この時は8人の新生児がいたけれど、いつもはもっと少ない気がします。だいたい2〜3人くらいじゃないかなぁ。そんなに忙しくないのも、新田クリニックを選んだ理由です。

f:id:okawarichang:20170114091527j:plain

新生児室に並んだピコ太郎は、ガラス窓側の特等席でオムツ交換していました。スヤァと寝ている姿をiPhoneで録画すると、大きなあくびをしてくれました。この時だけはよく寝る子に見えたんだけれども、それはまだ生まれて間もないからだったような。

21時過ぎ、なんとなく寒気がしたので、早めに就寝。

PCを叩いてると、急に寒気がしてきました。パジャマの上に一枚羽織り、フリースの靴下も履いてみるけど、まだ寒い。子宮収縮のような後陣痛も始まった様子。ナースセンターへ向かい、念のため体温をはかるも37度のまま(出産後は体温が高くなるらしいので、これが平熱)。後陣痛の痛み止めをもらって、22時頃に就寝。寝る間際、大きな仕事をしっかりこなしてくれたご主人サマーにお礼を伝えました。これにて長い1日が終了です。

続く。

  • この記事を書いた人

ユッキー

生まれ育った北海道から、どんどん南下している沖縄移住ブロガー。2009年にクラフトビール沼にハマり、2013年に「毎日ビール.jp」を開始。妊娠を機に「毎日ノンアル.net」を書き始める。2017年出産。現在は1匹&1児のカーチャン。

-出産入院

Copyright© 毎日ノンアル.net , 2017 All Rights Reserved.