出産入院

新田クリニック入院記:産後3日目

投稿日:2017年2月5日 更新日:

3時まで寝付けず。

もともと寝つきが悪いあてくしですが、この日も3時過ぎまで眠れませんでした。その間、新生児の視力について調べててみたり、授乳クッションを探してポチッたり。クッションの硬さと厚みを考えて、これを買いました。

ソレイアード ラ・プティット・ムーシュ ママ&ベビークッション 4103

ソレイアード ラ・プティット・ムーシュ ママ&ベビークッション 4103

  • 出版社/メーカー: ソレイアード
  • メディア: Baby Product
 

これ以上起きてると翌朝動けないだろうから、強制的に目を閉じることに。途中、寝落ちのタイミングでビクッとすることがあったような。まだ陣痛のトラウマがあるみたい。

5時、夢で目が覚める。

朝5時、夢を見て目が覚めました。

ご主人サマーと1歳くらいの男の子が出てきたので、きっと出てきたのはピコ太郎でしょう。ご主人サマーが男の子を抱き上げて遊んでいたのですが、壁に頭をぶつけてしまいました。男の子はもちろん泣いてしまって。それを見ていた私は「あー、やっちゃった」、そう思って目が覚めました。

目覚めた後、もう少し寝ておこうと二度寝。

8時、朝ごはんの配膳音で目が覚める。

1/16の朝こはん。鮭、ブロッコリーとソーセージの炒め物、ふりかけ、雑穀米、お味噌汁。

f:id:okawarichang:20170116082647j:plain

ごはんが白米じゃないのが、なんとなく嬉しい。黒豆のところがこっくりとした味で美味しかった。

食べながら思ったこと。病院のごはんは美味しいのだけれど、自分で食べたい食事を考え、いろんなお店をめぐるという変化のある生活は、やっぱり楽しいんだろうな、ということ。しかし今はそれができないので、ピコ太郎専用おっぱいマシーンとして義務的に食事をするしかないのです。

8時50分、検尿をナースセンターに持っていく。

産後3日目の朝、検尿がありました。ナースセンターへ持って行こうとエレベーターを降りると、まず目に入ったのが新生児室。看護師さんに検尿を渡し、採血・検温などを済ませてから、改めて新生児室を見に行きました。

すると数十分前に生まれたばかりの3200gの女の子が保育器に入っていました。ピコ太郎に後輩ができた〜!新入りを見て「そうかそうか、君も君のお母さんも大変な思いをして頑張ったねぇ」みたいな感情がぶわっと湧いてきて、ほんわかした気持ちに。経験するとしないとでは、捉え方が大きく変わるものなのです。

ピコ太郎はまだ寝ていて起きないらしく、一旦部屋に戻りました。お腹も満たされているし、全身の倦怠感・腰痛・眠気があったので昼まで寝ようかなぁ。

9時40分、おっぱいマシーン呼び出し。

横になった2分後、館内放送でお呼び出しを受けました。

新生児室に到着すると、コット(透明な箱型ベッド)に横になってるムチュコタン。ピコ太郎は右目をうっすら開けてぽーっとしていました。看護師さん曰く、夜中に糖水をあげたけど何度か泣いて起きたそうで、「これだけ大きいと消化のいい糖水じゃ足りないかもね。ミルクも考えてみては?」とすすめられました。完母に対するこだわりはないので、混合で問題なしです、はい。

抱きかかえて隣の授乳室へ移動して、まずはオムツチェックです。オムツ交換しようとすると、ほんぎゃー!と泣き喚くピコ太郎。はいはい。ピコさん。落ち着いて。

f:id:okawarichang:20170116104935j:plain

お腹減ってると思いきや、すぐにピコ太郎は寝落ち。こっちも眠たいんですけd... こっちまで寝落ちしそうなところで、看護師さんに声をかけられました。体温が高い赤子は眠りを誘います。ぬくぬくー。

30分以上おっぱいマシーン業務を行い、ピコ太郎の体重は+8gでした。今までで一番増えた!その後、糖水を40cc与え、スヤスヤモードになったところで看護師さんにバトンタッチ。丸々1時間、お疲れ様でした。

11時半、ちょっと冒険心が湧く。

個室と新生児室の往復しかしない毎日。そんな毎日に飽き出してるんじゃないか?そう思ったあたしは、病院を抜け出す計画を立ててみました。目的地は、徒歩1分のローソン。買い出しが目的ではなく、病院の外の空気を吸いたいだけ。ちょうどさんぴん茶も無くなりそうだし、行って帰って10分だろうし、特に誰にも断りなくさくっと。

尚、家や会社ではこのさんぴん茶ティーバックを愛飲しています。ウマし。

さんぴん茶ティーバッグ 200g

さんぴん茶ティーバッグ 200g

  • 出版社/メーカー: 比嘉製茶
  • メディア: 食品&飲料
 

11時40分、docomoからデータ量残り1GBのお知らせ。

あたしはドコモの5GBプランを使っているのですが、病室でテザリングをするため、おそらく今月はオーバーするだろうと思っていました。案の定、全然足りませんでした。仕方ないので、まずは1GB追加しておきました。あー早くSIMフリーにしたい。っていうか、データ使用量のプレゼント商品とかあれば、めっちゃ便利なのに。

12時過ぎ、ランチ。

1/16のランチ。カレー風味のポテトを乗せた白身魚パン粉焼き、八宝菜風炒め物、もずく、みかん、雑穀米、卵スープ。

f:id:okawarichang:20170116122318j:plain

今回は全体的に中華寄りかな。千切り野菜(きゅうり、たまねぎ、にんじん)ともずくをお酢調味料で味付けしてるこれ、うまい。もずくはこうやって食べればいいのか。今度家でも試してみよう。

13時50分、掃除のおばちゃんが話し相手になってくれる。

起きてる時にそうじのおばちゃんが部屋にやってきたのは、今回が初めてかもしれない。おしゃべりなおばちゃんは、ご自身のお話をあれこれ教えてくれた。お掃除ありがとうございます。

14時20分、お呼び出しがないので気になって様子を見にいく。

あれから4時間近くピコ太郎サマーのお呼び出しがないので、おっぱいマシーン自ら様子を見にいく。

14時25分、部屋に戻る。

お休みのご様子なので、お部屋に戻らせていただく。あの子、完全夜型生活ジャマイカ...orz

15時10分、おっぱいマシーンお呼び出し。

ピコ太郎が目を覚ましたと連絡を受け、授乳室へ向かいます。5時間近く寝続けていたらしいけれども、その間に一度糖水をあげていたかも?

オムツを交換し、体重測定をした状態でピコ太郎を受け取り、授乳スタート。なかなか飲み始めず、駄々をこねてフガフガするピコ太郎。抱きかかえ方を変えつつ、5分後にチュパチュパ開始。ピコ太郎が温かいので、こちらも眠くなってくる。この間、プリップリリリッという音が聞こえたので「おならかなー?いっぱいするねぇー」なんて話してたんだけど...

左右合わせて25分ほど経過。ピコ太郎が意識朦朧としてきたので、おっぱいマシーンの役割は終わり。げっぷをさせて、体重を測ると過去最大の18g増。おおー、快挙!その後、糖水を30cc与え、オムツ台へ向かうと... めっちゃウンティー!!!ウンティの始末がわからないんだけども、とりあえずお尻拭きで綺麗にしようと思ったら、ピコ太郎めっちゃ動くー!!!カカトにもついちゃったりして。綺麗に拭き終わるまでの間に、ピギャーーーと泣く。はいはい、すんません、手間かけちゃってすんません、今日は特にお寒うごさいますからねぇ、すんません。

ひと段落ついたところで、看護師さんにバトンタッチ。しかし寝てないピコ太郎を見て「おっぱい足りないかもねぇ。もうちょっとあげてみて」とのことで、チュパチュパ再開。ピコ太郎が寝るまで与えて見た結果、最初の母乳18g+糖水30cc+母乳8g増でフィニッシュです。いままでで一番飲んだんじゃなかろうか。大きくなれよー。

この時は、合計1時間20分ほどのお仕事でした。

17時、ご主人サマーが病院へ。

洗濯物を届けにきてくれました。助かる!ピコ太郎を抱っこしてみたいと言っていたけれど、お腹いっぱいでぐっすり眠っているので今回は起こさず。お子さんの存在を見ても「起きているピコ太郎に会ったことがないから、まだよくわからないよね」という感じらしい。

新生児落屑で手足だけじゃなく顔もカッサカサになってきたピコ太郎。新生児室の外からカメラで撮影し、拡大してみたらカッサカサ。それをみてご主人サマーは「きったねー!」と笑っていました。赤ちゃんは新陳代謝がものすごくいいみたいで、前日引っかき傷だらけだったのに今日はツルッとしています。なのでカッサカサも明日にはよくなってるかもしれないし、あたしはあんま気にしてないんだけどなぁ。1日1回見るかどうかのご主人サマーからしたら、そんなのわからん罠。

15分ほど新生児室を眺めて、ご主人サマーは帰って行きました。

18時過ぎ、夜ごはん。

1/16の夜ごはん。手羽中の唐揚げ、ビーフン、きゅうりとトマトの中華サラダ、漬物、王林ジュース、雑穀米、えのきの汁物。

f:id:okawarichang:20170116183423j:plain

まさか今日一日三食とも雑穀米になるとは!想定外でした。今日に限って何故こんなにも雑穀米を推しまくるのか、理由があれば聞いてみたい。ビーフンが美味しい。

夕食後、お犬サマーについてブログを書いていました。どうやらストレスフルのようで、吐いたりしているみたいです。これにはちょっとショックでした。あたしは体の回復とピコ太郎の面倒のために入院しています。しかし、出産・新生児慣れの他にも大切なモノ・コトは元からあるわけで... 隣にいてあげられずお犬サマーに寂しい思いをさせてしまうのはあと数日続きそうです。申し訳ない。

19時半、おっぱいマシーンお呼び出し。

4時間半近く経過してのお呼び出し。新生児室に向かうと叫ぶでも泣くでもなく、ぽーっとしたピコ太郎がいました。そして、オムツの中には大量のうんピー!過去最大クラスで、どう対応すべきか未だにコツがわからず、あわあわしてたら右手についてました。拭いたら今度は左手に... 暴れたピコ太郎のカカトにもついてるしー!いや、もう、何だこれ、コントみたいだな。

その後の授乳で、ピコ太郎の体温を感じながらあたしも眠くなります。ぬくぬくしてると看護師さんに声をかけられる。その後、初めてのミルクをあげました。ウマいんでしょうか、あっという間に飲み終わり。また一時間があっという間に経過です。

満腹太郎を寝かせ、カーチャンは近くの部屋で血圧・検温です。看護師さんに「今日から骨盤が痛くなってきた」という話をしていたところ、ピギャー!というピコ太郎の声。すかさず看護師さんが「いっぱい飲んだでしょー!」と応戦。帰り際にピコ太郎の様子を見たところ、おしゃぶりを咥えさられて大人しくなってました。

23時、おっぱいマシーン、本日最後のお呼び出し。

そろそろ寝ようかなーと思っていたところ、ピコ太郎サマーから本日4度目のお呼び出し。寝る前にぬくぬくさせてもらおうと向かったところ、看護師さんが体重・オムツ交換までやっててくれました。ここまでは天使。ここから先はレッドデビルに変身です。プギャー!という泣き声をあげつつ、真っ赤になるピコ太郎。少し分かってきたのは、吸い付きが悪いと泣くということ。吸い付けば天使のようなチュパ太郎になるけれど、それまではプギャ太郎として泣き暴れます。ああ、これは本当に大変だぞ。でっかいし、扱いも難しいし、授乳中にプリプリプーとうんこはするし、おっぱい欲しいけど、うんこ気持ち悪いのかプギャ太郎になるし。

小一時間ほど戦い、オムツ交換が前回よりも若干上手になった気がするのが成果と書き残して、明日のために早く寝ます。

続く。

  • この記事を書いた人

ユッキー

生まれ育った北海道から、どんどん南下している沖縄移住ブロガー。2009年にクラフトビール沼にハマり、2013年に「毎日ビール.jp」を開始。妊娠を機に「毎日ノンアル.net」を書き始める。2017年出産。現在は1匹&1児のカーチャン。

-出産入院

Copyright© 毎日ノンアル.net , 2017 All Rights Reserved.