雑記

仕事と育児の限界をむかえる年度末。

これじゃあかん。成り立たないーーー。

何度となくそう思ったかわからない年度末。否、今年度の下半期はずっとそう考えてきた。成り立たない理由も自分なりに考えてきた。自分の時間が確保できず、仕事と育児に追い詰められて、苦しかった。リアルに泣きながらモニターに向かっていた。在宅勤務期間でよかった。オンライン会議でカメラオン強制な社風じゃなくてよかった。

週7日、そのうち4日しかシャワーに入らない。流石に3回になったら人間としてマズイ気がして、週4は死守していた。シャワーに入る曜日は土・日・火・木が多い気がする。土日はおふろタイムの時間確保は容易だが、火・木は忙しくて難しい。でも「流石に入らないと人間としてマズイ」と思って時間を用意する。

わたしにはやりたいこととやらねばならなんことがある。子どもを育てること、現在の年収を維持すること、ブログを続けること。簡潔に書くと「育児・仕事・趣味」の3本柱だ。それぞれは独立しておらず、シームレスだと今のところ思っている。健全な育児をするためにはお金(=仕事)が必要で、健全な仕事のためには趣味での息抜きが欠かせなくて、ブログ更新の達成感とリフレッシュで精神面が健全に保て、そしてまた育児・仕事・ブログ・育児・仕事・ブログと続けられる。そう思っている。

リフレッシュ方法は実はブログではない他の方法でもいいと思う。だけれども、新しく趣味を始めるには集中できる時間の捻出が不可欠で、ならばこのままブログでもいいのかななんて思っている。いずれにしても、どれかが欠けると精神的に病みそうで、わたしの人生はうまく運ばないのだ。

わたしの目標とする1日のながれと、現在の流れが大きく異なるのがしんどい。そんな年度末だった。

© 2021 毎日ノンアル.net