4歳

4歳児のおもしろ言いまつがい。

4歳になり、言葉数が圧倒的に増えてきたお子サマー。保育園で覚えてきた言葉が多く、園児同士の交流が活発なのが理解できます。こないだまで自分の名前を言ってたのに「ぼくは」から「おれは」になったし、時々「わたしは」なんて言うことも。一人称が頭の中でごちゃ混ぜになってるのも成長過程として面白く眺めています。

ご主人サマー曰く「4歳児はコジコジ、5歳児はクレヨンしんちゃん」なんだそうです。お子サマーを見ていても、確かにコジコジっぽい!と思うことが増えてきました。そのうち心理を突かれるのでしょうか...

うちのお子サマーのおもしろ発言を忘れないようツイートしているので、それをまとめてみます。

 

プラズマ的なクラスターではありません。

 

言いまつがいではないけれど、お空からの落下物が直撃した時にお子サマーの喜びように救われました。

 

そりゃ、昭和の生まれですからね。うっせーわ。

 

いわゆる、早熟ってやつ?

 

そんな焦らんでも。

 

すんごいボールを投げられた。

 

語彙や表現が増える一方、感情と発語が結びつかずにキーキー泣き喚くことも多いお子サマー。保育園での生活にもやや難があるようで... 考えても仕方がないけれど考えずにいられないカーチャンなのでした。

あとは口癖も目立つようになってきました。ふとした瞬間に「うわ。この言葉、きっとわたしもよく使ってるんだろうなぁ」と思うことが何度もあります。カーチャンはお子サマーに対して「ほんとに」を多用しがちなんですね。自分じゃ気づかないことだよね、これから気をつけよ...

© 2021 毎日ノンアル.net