生後6ヶ月

6m24d、ワクチン接種(B型肝炎・日本脳炎)と、発熱と。

投稿日:

先週、3度目のB型肝炎ワクチンを受けに小児科へ行ってきた。受付のあと、看護師さんに「生後6ヶ月から日本脳炎が受けられる」と言われ、少し考えた。母子手帳には3歳からと書かれているのだ。看護師さんから続けて説明を受け、この日1回目の日本脳炎ワクチンを受けることにした。後から調べたところ、数年前、那覇で日本脳炎の感染事例があるという。

ワクチンを受ける際、お子サマーは以前までとは異なった嫌がり方をした。1本目の注射針が刺さった時に声をあげた。2本目も少し声を出した。これまでも注射を打つ前の雰囲気が怖いのか泣くことはあったけれど、今回は泣かず、針の痛みや違和感を把握して反応するような成長を感じた。

ワクチン接種後、一度家に帰り、15時頃から車で出る用事があったので連れ出した。夕方、ベビーシートで眠れないのか泣き喚くお子サマー。家に連れて帰ると体温が高い。夜にかけて37.6〜38.6度を行ったり来たりした。ただ、常に体温が高止まりしているわけではなさそうで、泣き喚くと体温が一瞬だけ高まるような、そんな感じにも見えた。

朝になり、平熱まで下がったが、夜間に何度も目覚めて泣くことがあった。もしかすると夜泣き?なのかもしれないけれど、いままでそういったことは少なかったので印象に残っている。ともかく熱が下がってよかった。

今回の発熱は、おそらくワクチン由来のものではないかと思う。ちょうど同じタイミングでご主人サマーも風邪をひき始めたようで、どっちが原因なのか?と思ったが、きっとワクチンだと思う。

それにしても、赤子が熱を出すとすぐわかるんだなぁ、と。抱きかかえると体だけでなく頭や手のひらも熱くなっていた。幸いすぐによくなったものの、発熱対策の一切を用意していないため、早めに考えねば。

  • この記事を書いた人

ユッキー

生まれ育った北海道から、どんどん南下している沖縄移住ブロガー。2009年にクラフトビール沼にハマり、2013年に「毎日ビール.jp」を開始。妊娠を機に「毎日ノンアル.net」を書き始める。2017年出産。現在は1匹&1児のカーチャン。

-生後6ヶ月

Copyright© 毎日ノンアル.net , 2017 All Rights Reserved.