出産入院

新田クリニック入院記:出産前日①(入院〜最初の食事)

投稿日:

出産予定日、プロローグ。

2017年1月12日、出産予定日当日。

当日までに出産の兆候がなければ、朝10時までに病院へ来るよう言われていました。そこでまずは朝ごはんを食べに行き、そこから歩いて病院へ向かいました。今回あたしがお世話になったのは、那覇・前島にある「新田クリニック」です。

f:id:okawarichang:20160827101902j:plain

新田クリニックの新田先生は、どうやら38週での出産をオススメされています。その理由は「38週で胎盤機能が落ちていく。だから40週ではなく少し早めにお産させたい」と、いつかの定期検診の際、先生がお話されていました。あたしの場合、38週は大晦日直前でした。これはちょっと難儀だぞとご主人サマーと話をし、38週、そして新年早々の39週を避け、40週での出産となりました。あたしは出産に関しては特にこだわりがなかったので、タイミングが異なれば38週で出産していたかもしれません。

また、新田クリニックはソフロロジーや無痛分娩も行なっているので、そういった出産を望まれている方にも向いている病院ではないでしょうか。

まずは出産前の検診。

さて、病院に到着し、まずは内診・エコーから開始です。この日の朝、うっすらと出血がありました。妊娠してから内診以外での出血は初めて。大晦日におしるしがあった時ほど驚かなかったのは、数時間後に入院することになっていたからでしょう。診察室で先生に伝え「おしるしかね〜」なんて会話をしながら子宮底長を測ってもらいます。なんと36cmもあったよ。普通32〜34cm程度って言われてるから、結構デカいよね...

その後、エコーでお子さんの重さを測定。前回・前々回と2600〜2800g程度と言われていたのに、1週間後のこの日は3400gまで増えていました。そんな急成長することなんてあるのか!?と驚くも、「出て来てみないと実際のサイズがわからないからねぇ」と先生。エコーは参考値程度の測定だそうなので、小さいか大きいかは出産後じゃないとわからんそうです。

ちなみにあたしの体重もは妊娠前と比べて+11.4kg、70kg目前。この日が人生で一番重たい日です。

朝10時半、子宮口を開くためにバルーンを入れられる。

エコーをとったそのままの体勢でバルーンを入れられます。ラミナリアを数本入れる痛みよりもまだマシだけど、バルーンを仕掛けたあとお水かお湯か、そんな液体を入れられてからは下腹部に違和感しかありません。朝10時半にバルーンを入れ、おそらくその日の夕方までには子宮口が4cmになるだろうという先生の計算です。念のため「抜けることはないですか?」と聞くも、はっきりと「ない」と断言されました。

新田クリニックの個室へ移動。

診察とバルーンを入れ終えた後、入院するお部屋に向かいます。新田クリニックには特別室・個室・2名室・4名室があるそうです。あたしは寝つきが悪いこと、PCを持ち込んでカタカタうるさいであろうことから個室を予約していました。個室の様子はこんな感じです。設備などの詳細ついては追々。

f:id:okawarichang:20161217110741j:plain

11時半、バルーンが抜けてしまう。

バルーンを入れてから1時間ほど経過。この間、下腹部というか子宮に痛みが数回ありました。重い生理痛が急にやって来た、そんな痛みが短期間に数回ズーンと。久しぶりの痛みに動けなくなります。立って窓際に手をついて、腰を曲げて耐えたりとか。この痛みには合間があるので、和らいだ瞬間にトイレへ向かいました。朝ごはんを食べた後の出荷のお時間です。ふんばったところ、ぬるんと何か出て来てきました。うわ、これバルーンだ。ええええ、先生、抜けないって言ってたじゃーん!!

ナースコールを押してバルーンが抜けた旨を伝えると、看護師さんから「お昼ごはんの後に内診しましょう」と言われました。抜けたバルーンは回収してもらったのですが、観察したところ医療器具のバルーンは厚手の水風船みたいなもん。血がついていたので、さすがに写真は撮ってません。滅多に起きないことがザラにある、そんな地で行くようなあたしの人生を象徴した出来事でした。いや、抜けるんじゃないかと思ってたんだよね、根拠はないんだけど。

12時過ぎ、ランチがウマくて大満足。

新田クリニックでの最初のお食事タイムがやってきました。1月12日のランチです。内容は、鶏のからあげ、白菜と胡瓜のキムチ和え、かぼちゃの煮付け、ごはん、中身汁、みかん。

f:id:okawarichang:20170112122914j:plain

グルメブロガーとしてはお食事が気になっていましたが、ウマくて安心しました。柔らかなかぼちゃは味付けが好み。中身汁も沖縄っぽくていいじゃないですか。意外とボリュームがあって、全然動いてないのに食べすぎちゃダメだよなーとごはんを少し残してご馳走さま。バルーンが抜けてお腹の痛みもなくスッキリしながら、美味しくいただきました。

続く。

  • この記事を書いた人

ユッキー

生まれ育った北海道から、どんどん南下している沖縄移住ブロガー。2009年にクラフトビール沼にハマり、2013年に「毎日ビール.jp」を開始。妊娠を機に「毎日ノンアル.net」を書き始める。2017年出産。現在は1匹&1児のカーチャン。

-出産入院

Copyright© 毎日ノンアル.net , 2018 All Rights Reserved.