産後のカーチャン

カーチャン40歳、白髪が増えてきた。(たぶん気付いてないだけでいっぱいある)

髪の毛の悩み、第二弾。白髪が増えてきたお話。正直、第一弾の薄毛の悩みよりは全然気にしてない。

いつだったか、自宅のトイレの鏡にキラリとひかるものが映った。「え。」と見入り、探しに探して1本の白髪を抜いた。白髪を抜くまでに犠牲にした黒髪は2本だった。薄毛に悩み始めていたので、とても心苦しかった。成仏してくれたまへ。

その数日後、今度は洗面台の鏡に映るアホ毛の白髪を発見した。またも顔まわり。短期で2本も見つけるとは、なかなかの頻度である。短いアホ毛だったので自分ではツルツルと滑ってしまい抜けず、加えて黒髪の無駄死にだけはさせたくなかった。ピンセットをご主人サマーのところに持参し、「これで、コヤツ(白髪)をヤッてくれ!」と伝えると、「あんた、よく見つけてくるね」と若干呆れつつもしっかりと白髪を排除してくれた。仕事ができる夫氏である。

さて。立て続いて2本みつけたということは、3本目もいるだろうことはサルでも容易に思いつく。そこからトイレと洗面台に行くたび、毎回3分は白髪の捜索を行うことになった。だけど白髪もただのうのうと白くなっているだけではない。うまいこと隠れて出てこないのだ。そりゃそうだ、2本も仲間が急にいなくなったのだから、危機感も高まり出てこないだろう。この後しばらくは見つけられずな日々が続いた。

ふいに編み込みをした日があった。この日は湿度が高く、髪の毛を結ぼうと思い立ったのだ。ふだんから編み込み慣れしていないので、出来上がりはどうだろうとスマホカメラで動画を撮り、再生してみた。すると、そこに1本の白いアホ毛...!

待てルパーン!今日こそ逃がしはせんぞー!

気分は銭形のとっつぁんである。この後、3本の黒髪を犠牲にするという捕り物劇となった。お縄にした白くうねった白髪は、長さ10cm程度。つまりここ1年くらいで生えてきた白髪だった。この1年。40歳になってからだ。

わたしの場合、どうやら40歳が体機能の曲がり角だったように思う。白髪はわりと遅い方かもしれない。でも薄毛は早い気がする。個体差が大きいなぁ。そしてまだ書けていないけれど、月経面も何か大きく変化があったように思う。これは長く履歴をとっているルナルナを見ていると明らかに変わった。

余談になるけれど、沖縄移住する前、30代前半から右の眉毛に1本だけ白いのが混ざっていた。これが2本に増えたのも、さらに左に1本白いのが混ざったのも40歳になってからである。ああ、どうやら老化している。わたしは老化しているのだ。

© 2021 毎日ノンアル.net